Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
刺繍教室@タイカフェ
2016/04/17

もうだいぶ経ってしまったのですが
刺繍教室をドゥアンダーオというすてきなカフェで
開きました。

お伊勢さんの縁結びの糸がまた活躍。
今年もまた刺繍教室できたらと思います。

ホームページももう少し頑張って更新します。

小説「象のささくれ」朗読会のお知らせ
2015/10/28

以前、「深大寺恋物語大賞」で賞をいただいた小説「象のささくれ」が、朗読会の演目に選ばれました!

11月1日(日)14:00から調布市文化会館にて。なぜかトップバッター!オカリナとのコラボ…?

作品を書いて何年も経ってから、こうして誰かの目に留めてもらえるのは本当に嬉しいことです。
作品を選んでくださった八隅さんという方からとてもすてきなお手紙もいただきました。
深大寺は紅葉の季節。ぜひ、お散歩がてらお出かけください。

https://www.chofu-culture-community.org/forms/info/info.aspx?info_id=4468

私の師について
2015/10/25

ママ(祖母)は、「人は誰でも誰かに見ていてほしいと願っているのよ。私もだから絵を描き、人形を作るの。私の作品は私の代わりに叫んでいるの。ねぇ、私を見て!って」

そう言っていました。

訃報をこのような場で伝えるのは、何も知らない人たちに悲しい気持ちを押し付けることになる。
とんでもない傲慢だとわかってはいますが、

祖母は私の自慢の祖母で、祖母の作品展「ルックアットミー」展をプロデュースしたほどです。

今すこし、祖母の願いつづけた
ルックアットミーを叶えてあげたい。
少しの間、祖母の自慢をさせてください。

私の祖母・清彰子は「私のこと、おばあちゃんなんて呼ばないでね、だって、おばあちゃんじゃないから」と言うので、嫁からも孫からも姪っ子からも「ママ」と呼ばれていました。

ママは私にとって魔法使いでした。
夏休み、ママの家に行くと、操り人形の舞台や、子供用の包丁とまな板、ソフトクリームを作る機械なんかが用意されていて、私は夢中で遊びました。

ママのドレッサーにはカーラーや口紅や、チョコレートの箱に詰められたイヤリングや指輪が何重にも詰まっていて、しかもそれを全部自由に使わせてくれました。

夜は、私が主人公のお話を作って聞かせてくれました。私の茶々によって、お話はくるくると代わり、いつか私は自分の描いた物語をママにお手紙するようになりました。

ママはいつも何か歌を口ずさんでいて、「ほら、踊ってごらん!」といいます。私はママの作ったワンピースを着て、ママのネックレスをつけて、得意になって踊りました。
そのときの写真が残っていますが、私は日焼けして眼鏡をかけたガリガリの猿みたいな女の子で、全然可愛くないのです。
だけどママの魔法にかけられている間、私は自分が外国の映画の中の主人公のような気がしていました。

ママは人形作家で洋裁家で、童話作家で画家でした。

彼女のすべてが、今の私を作ってくれました。

私の美的感覚、ファッション、人生観、なんでも歌にするくせ、どれももとをたどれば、ママがいました。私はママのファンで、ママの弟子でした。

ネイルサロンに初めて連れて行ってくれたのはママ。
恋の相談に「あなた、もう少し寂しそうにしなさい」と言ったのはママ。

これからもうママとデートできないと思うと、とても寂しいです。もう
ママの魔法を味わうことはできない。
できれば未来の私の子どもにも、その魔法をかけて欲しかった。

大げさでなく、時代がひとつ終わった気がします。

優しくて美しいひとが、優しくて美しいまま生きられる時代が、終わってしまった。

私はママのようにはなれない。生まれ備えた優美さは、ママの時代の人々で最後だとおもいます。

ある秋の日、ママと上野公園へ行きました。黄色と緑と赤と、葉の色がさざめいて、息を呑む美しさでした。

そのとき、ママが言った言葉を忘れません。
「ほらね、世界って美しいのよ。私、死ななくってほんと、よかったわ」

戦争や愛する夫との死別を乗り越えたあの人の、この世界に対する最終結論を、私は忘れません。


ママ、私もずっとこれからも、世界は美しいと信じていくよ。
そう信じる魔法をたくさん、ありがとう。


本当にありがとう。



私の師である祖母・彰子が永眠いたしました。

会うたびに「あなたのいま一番夢中になってることはなに?」と聞いたママ。
それにいつでもなにかしら、答えられる自分でいようと思います。


長い、長い、祖母自慢にお付き合いいただき、ありがとうございました。

刺繍教室 くるみボタン追加
2014/10/21

10月25日(土)、26日(日)に行う
綿子による「縁結び刺繍」のワークショップですが、
さらにバージョンアップしました!


出雲大社の紅白の「縁むすびの糸」を使って、
シャツやハンカチなどいつも身につけているものに、
縁にまつわる刺繍をするのですが、

刺繍するものが思い浮かばない方もいるかと思い、
「くるみボタン」もご用意しました。
こちらの柄は、「無限大∞」を表したちょうちょです。

また、刺繍だけでは物足りない方もいるかと思います。余った時間にこちらでご用意したビーズで自由に飾りをつけていただけます。

日曜日の回はあとわずか。土曜日の回は空きあります。

【時間】各回13:30〜 二時間予定

【費用】1500円(お茶・おもてなしつき)
くるみボタンご希望の方はプラス100円(2個、直径22mm) 無地の白ハンカチご希望の方はプラス200円

【場所】西荻窪駅集合

【お申し込み】お名前、連絡先、希望の刺繍したいもの(自分の持ち物/くるみボタン/白ハンカチ)、希望日時を明記のうえ、info@watacotoba.comまでメールください。このHP内のメールボタンからも飛べます。

※刺繍道具等はすべてこちらで準備しますので、持ち物は刺繍したいものだけで結構です。初心者大歓迎★

10月の刺繍教室
2014/09/24

10月25日(土)、26日(日)13:30〜15:30 西荻窪にて刺繍教室を開きます。
今回作るのは「縁結び刺繍」。出雲大社の「縁むすびの糸」を使って、シャツやハンカチなど、いつも身につけているものに縁をしっかり縫いつけましょう。
柄は四種類。ハート、運命の糸、口紅、ちょうちょ(吉兆)

【料金】1500円(お茶・おもてなしつき)
【持ち物】刺繍をしたいもの。素材や形状によっては難しいので事前にご相談ください。無地の白ハンカチをご希望の場合は別途200円。
裁縫道具はこちらで用意いたします。
【ご予約】各回定員5名(女性限定) fbメッセージ、もしくはinfo@watacotoba.comまで。

クロージングパーティ
2014/05/12

昨日、同期たちの企画による
クロージングパーティがありました。
私事ですが、誕生日が近いということで
誕生日会も兼ねて。

内容はまったく知らされていなかったのですが、
風船やガーランド、絶品ラザニア、手作りのティアラ、私の顔写真入りケーキなどなど
仕事も忙しいだろうにそれぞれが準備をしてくれたんだなぁと
とても幸せでした。

突然の呼びかけにもかかわらず、
来ていただいたお客さまも
ありがとうございました。

まだ心がふわふわしています。


サプライズクロージングパーティのお知らせ
2014/05/10

なんと、明日の個展は【サプライズ*クロージングパーティ】あります!

私の誕生日が近いということで、同期たちが企画してくれました。私も内容知らされてません(^O^)

個展のついでに誕生日会にもぜひご参加ください。
あ、お祝いは気持ちとご出席だけで結構です!

個展は12時から、パーティは18時から20時半です。

清 綿子 個展 ―とちゅうのひとー
5月11日(日)12:00-
SUPRISE CLOSING PARTY 18:00-20:30
GALLERY MANOMA
東京都文京区千駄木2-44-5

個展のようす
2014/05/05

おかげさまで、
たくさんの方にご来場いただいております!

お友達つながりで来てくださった方、
看板を見て来てくださった方、
新しい出会いがうれしいです。

写真は、そのうちのひとり、
Fusejimaさんというかたが撮ってくれた
個展の様子です。

すてきな写真に、作品も喜んでいます。

今日はあいにくの曇り空ですが、
ここ数日大混雑だった根津も
今日ならゆったりお散歩できるかもです。

ぜひ、お越しください。

清 綿子 個展 ―とちゅうのひとー
2014年5月3日(土)〜5月11日(日)
休日・祝日 12:00-19:00 平日13:00-20:00

GALLERY MANOMA
東京都文京区千駄木2-44-5
Tel 03-6311-2496  

個展会場への道案内
2014/05/03

ギャラリーMANOMAは千駄木から5分、根津から12分くらいです。

【根津駅からお越しの場合】
1番出口を出ます。
左方向、根津神社方面にまっすぐ進みます。
千駄木二丁目の交差点にきたら、不忍通りに入ります。左手にみずほ銀行が見えたら正解です。
そのまままっすぐ行くと右手に
朝日信用金庫とカクヤスに挟まれた小道があらわれます。
そこに入ったら看板が出ています。

【千駄木駅からお越しの場合】
団子坂下方面出口をでます。
右に直進するとセブンイレブンがあります。その向かいに朝日信用金庫とカクヤスに挟まれた小道があらわれます。そこに入ったら看板が出ています。

ちなみに、3日は18時からオープニングパーティです。
料理研究家の高山かづえさんによる
刺繍をテーマにしたおつまみをお出しします。

ギャラリーMANOMAではドリンク1杯500円となるそうです。
もちろん、お持ち込みはご自由に。

ささやかではありますが心を込めておもてなしさせていただきます。

刺繍の詩集のスライドショーができました。
2014/04/30

昨年の1月に行った「あの日、言えなかったこと」展を
スライドショーにしました。

写真は五十嵐公さん。

短い時間で的確にわたしの作品の空気を
写してくれました。
ワークス→あの日、言えなかったこと。
でご覧になれます。ぜひ。


そして、どのことばが響いたか
教えてくださるとうれしいです。

http://watacotoba.com/couldntsay/index.html

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
| search in this page | admin |

- -